アクネ菌とはどんなもの?

アクネ菌,殺菌方法,ニキビ改善まとめ

ニキビの原因となるアクネ菌ですが、このアクネ菌は元々常在菌と言われており誰の肌にでも存在しているものなのです。

そもそも、常在菌というのは人にとって必要であるから常に存在しているわけであり、アクネ菌も例外ではありません。
ニキビの原因となる、ニキビの元となると言われているからこそ、厄介な存在でありなくさなくてはいけないものという認識が広まってしまっているのですが、実際にはそういうわけではなく、肌にとってはなくてはならない存在なのです。

 

では、なぜそのなくてはならないアクネ菌がニキビという“悪さ”をするようになってしまうのでしょうか?
それは、ベースとして常に肌に存在しているアクネ菌の数が急激に増えすぎてしまうことが原因となっています。
つまり、通常個数存在している分には何ら問題はないとしても、その数が増えすぎてしまうことでニキビができてしまうことになるわけです。
ただ、アクネ菌自体が勝手にいきなり増え出すのではなく、アクネ菌が増殖してしまうような肌環境になってしまったがために、アクネ菌が増えてしまうというような、いわばアクネ菌の増殖は二次災害のようなものであると言えるのです。

 

アクネ菌は皮脂が大好きで、酸素が大嫌いな菌です。
そのため、酸素などによって一定数死んでしまっても肌に皮脂が分泌されるとそれを餌として食べ、増殖します。
そのように常に一定数を保っているわけですが、皮脂が過剰に分泌されてしまうようになると、アクネ菌の餌が増えてしまうので、アクネ菌が餌をたくさん食べ、食べた分活動も活発化し、増えてしまうようになるのです。

 

アクネ菌の数をコントロールすることでニキビは防げます。
“アクネコントロール”という言葉がありますが、その言葉通り肌環境、特に皮脂の分泌量に気をつけることでアクネ菌がただの常在菌として肌環境を正常に保つために働くだけの菌でいさせることができるのです。

アクネ菌を殺菌する効果のある成分とは?

アクネ菌,殺菌方法,ニキビ改善まとめ

増えすぎてしまったアクネ菌は、殺菌して量を減らすことが必要になります。

とはいえ、正しい方法をとらないと肌が荒れてしまったり、必要以上に皮脂を奪ってしまい、余計に皮脂の分泌量が増えてしまったり、アクネ菌を殺菌しすぎてしまったりといういわゆる“失敗”をしてしまいかねません。

 

アクネ菌がどれだけ増えているのかというのは自分の目で確かめることはできませんが、自分の肌質が敏感か普通か、使う薬などの成分の刺激が強いかそこまで強くないかということは自分自身で把握できることですから、自分自身で把握できるポイントだけでかまわないので、知識を得て上手に殺菌を行わなければなりません。

 

効果を重視しても肌質に合っていない商品を使えば肌が荒れることもありますし、肌質ばかり気にしていても効き目が弱く満足のいく効果が得られないということもあります。
いかに肌質と殺菌に使う成分のバランスが取れているかということが重要になるわけです。

 

アクネ菌を殺菌するのに効果がある成分というのは、イメージ的には刺激が強いものという印象が強いのではないかと思います。
確かに殺菌効果があるものということで多少なりとも肌に刺激を与えるものがほとんどです。
ですがその中でも化学的な成分もあれば自然由来の成分もありますので、上手に使い分けていくことが理想と言えます。

 

刺激が強いものですと、イソプロピルメチルフェノールやサリチル酸、パラベンが代表的なものとして挙げられます。
殺菌、抗菌の効果が非常に高く、アレルギー症状が出てしまうこともあるイソプロピルメチルフェノールは、気になったときにいつでも使うというような常用には適していません。
あまり使いすぎると毒性が高いからです。
日本国内で製造・販売されているものであればまず危険はないと思ってもらって良いのですが、含有量が市販薬で0.1%、医薬品で0.3%以下になっているもの以外は絶対に使わないようにしましょう。
サリチル酸はピーリング効果があり、強い酸性を用いて肌を生まれ変わらせることができる成分です。
くすみを改善することを目的とした化粧品、いわゆる美白化粧水などに使われることが多いのですが、アクネ菌を殺菌する効果がにも非常に優れています。
ただ日本人の肌にはあまり多量に使用することは合わないので大量に含まれている化粧水などは避けるようにしましょう。

 

刺激がそこまで強くないものであれば、アラントインやグリチルリチン酸ジカリウム、イオウがあり、これらは前出の3種類ほど肌に強い刺激を与えないので使いやすい成分です。
とはいえ、刺激がゼロというわけではありませんので、前出の成分と同じように含有量や使用頻度にはある程度の気を配るようにしなくてはなりません。

 

出典(私のニキビサプリ

ニキビの種類・程度にあわせた改善策を

アクネ菌,殺菌方法,ニキビ改善まとめ

ニキビを改善するためには、今自分の肌にできているニキビがどんな種類のニキビであるのかを知ることから始まると言えます。

もちろん、どのニキビだったとしても肌を清潔に保つことや、肌に余計な刺激を与えないことなど全てのニキビに共通して言えるポイントもありますし、思春期にできるニキビなのか、大人ニキビなのかという点でも変わってきますが、その他の細かい点に関してはニキビの種類によって気を使う点などが変わってくるものなのです。

 

例えば、まだまだ初期の段階のニキビであれば、保湿ケアをしておくだけで問題ありません。
気になったり、早く治してしまいたいようであれば、ニキビ薬を使うのもOKですが、そこまで重点的なケアが必要なものではないと思って間違いありません。
そのできたばかりのニキビが赤くなってきたときには炎症が起こっているのでまずその炎症を抑える処置が必要になりますし、白ニキビといってニキビの中心に膿のようなものがポツンと残っているようであれば、自分で潰して膿みを出すのではなく、肌を清潔に保ってそれ以上皮脂が溜まったり、膿が大きくなったりしないようにしながら乾燥させて治していくことが効果的です。

 

それ以上悪化して、黒ニキビや黄色ニキビになってしまったとすると、これは自分では改善していくことが非常に難しいので、病院で治療を受けることが必要となります。

 

薬を塗布するにも抗生物質やステロイドを使うこともありますし、病院での治療に関してはその病院によってとるべき処置が変わってくることもあります。ホルモンバランスを整えることを優先させる医師もいれば、薬だけで治してしまう医師もいますので、医師との相談を行うか、または医師の指示に従って良いでしょう。

 

ニキビの程度にも軽いものから重いものまでありますので、種類に応じて改善策を変えていくようにしましょう。

身近な薬が殺菌に役立ってくれたら・・・?

アクネ菌,殺菌方法,ニキビ改善まとめ

アクネ菌を殺菌するのに身近な製品を使うことができればそれが1番使う側からすれば安心できるのではないでしょうか?

とはいえ、薬で常用しているものがあるという人もなかなか多くはないでしょう。
ですが、常に家に置いてあることの多いある商品が実はアクネ菌に対し強い殺菌効果を発揮してくれるとしたら?
これほど便利なことはないでしょう。

 

そして、その製品こそがオロナイン軟膏なのです。
一般的に冬に大活躍するイメージの強いオロナイン軟膏ですが、ヤケドやひび、あかぎれなどに効果がありますが、ニキビにも同じように高い効果を発揮してくれるのです。

 

これは、オロナイン軟膏に含まれている殺菌成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩がアクネ菌も殺菌する効果があるからです。
殺菌をして、菌がそれ以上皮膚内部に入り込み、炎症などを起こさないようにするというのがこのクロルヘキシジングルコン酸塩の皮膚に与える効果なのです。
そのため、アクネ菌の増殖によってニキビができてしまったとしても、アクネ菌そのものを殺菌する効果にプラスして、発生してしまったニキビそのものの炎症を抑えるというダブルの効果を与えてくれるため、できてしまったニキビは素早く治し、アクネ菌の増殖にストップをかけこれ以上ニキビができてしまうことを防いでくれるわけです。

 

ただオロナイン軟膏によるアクネコントロールは、オイリー肌の人にはあまりお勧めできません。
というのも、オロナイン軟膏にも多量の油分が含まれていますので、これと肌質にある皮脂が混じり合って余計に脂っぽい肌になってしまうからなのです。
そのため、年齢問わずオイリー肌の人は使用したとしても少量にするか、頻度を多くしないこと。
守らないと余計に症状が悪化してしまう=アクネ菌が増殖し続けてしまったり、ニキビが新しくできてしまうなどの影響を及ぼす場合がありますので注意しましょう。
反対に乾燥肌の人にとっては油分で肌に膜を作り乾燥から肌を守ってくれるので非常に強い味方となってくれるでしょう。

更新履歴