トップページ > 殺菌効果はあるけれど効果は薄い消毒液で本当にニキビは改善される?

殺菌効果はあるけれど効果は薄い消毒液で本当にニキビは改善される?

殺菌効果だけ,効果薄い消毒液,ニキビ改善?

殺菌成分が強ければアクネ菌を殺してしまうことができるのであれば、そもそも殺菌を行う消毒液などを使えば良いのでは?という考え自体は確かに理解できます。

消毒液は消毒を行うもの、つまり菌を殺すものですからアクネ菌だって殺せると思うでしょう。

 

口コミでも、ニキビに消毒液を使ったら改善したなどといった話がたまに見られるのですが、実際のところはどうなのかというと、“使わなければ良い”というのが答えです。
ニキビに刺激を与えすぎてしまいますから、使用したときには確かに一瞬は炎症が抑えられて赤みが引いたり、ニキビが治りかけているように見えることもあるでしょう。
ですが、あくまでそれは一瞬的なもの。
消毒液を常用してもニキビ専用の治療薬を使用するほどの改善効果というのは見られませんし、そもそもニキビができてしまうことを防ぐ効果というのはありません。
つまり、アクネ菌を殺す効果というのはないわけです。
炎症が起こっているだけであればまだしも、ニキビの炎症がかなり悪化している状態ですと、消毒液が与える皮膚への刺激がより一層ニキビの症状を悪化させてしまう可能性が高くなりますので、要注意です。

 

市販の消毒液は確かに安いですし、気軽にケアに使えると思うでしょう。
口コミでニキビ改善効果があるといわれれば、安上がりでケアができてラッキー!と思うかもしれませんが、あくまで効果に関しては確実なものではありません。
消毒液を使うのであれば、市販のニキビ改善薬を使うことが1番です。

 

効果も低く、刺激が強いという良いところがあまりない消毒液は使うべきではないのです。

 

刺激が苦手な肌にはハチミツがオススメ!

 

殺菌効果だけ,効果薄い消毒液,ニキビ改善?

アクネ菌を殺菌したり、ニキビを改善したり・・・そんな効果が欲しいけれど、肌に負担を与えるような刺激に強い成分を使うのは嫌だ・・・という人も少なくはないでしょう。

確かに、肌に刺激が強すぎてしまうと、アクネ菌を殺菌したりニキビを改善したりする効果を求めることで肌が別の炎症を起こしてしまうことなどもあるわけですから、使用することをやめてしまう場合もあります。

 

ですが、これはあくまで成分の刺激が強すぎるからということであり、化学的な成分を使わず、自然由来の成分を使えばその刺激を大幅に低減させることができます。

 

特に殺菌成分が強く肌にも良いのでおすすめなのが“ハチミツ”です。
アミノ酸やミネラルも豊富で肌そのものを生成することができたり、肌の水分量を調整してくれたりすることもあるので、殺菌効果以外にもあると嬉しい効果が高いのです。
保湿作用が非常に高いので、洗顔などで万が一皮脂を落としすぎてしまったとしてもハチミツが配合されている化粧品を使うことで肌に潤いを閉じ込めることができるようになりますし、そもそも洗顔をハチミツをプラスした洗顔料にすることで洗顔の段階から保湿を行うこともできるようになりますから、殺菌作用だけではなく殺菌したあとの肌をフォローしてくれる効果もあるのです。

 

ニキビができてしまっている場合にも、そのニキビの炎症を抑えてくれる効果もありますから、赤みを抑えたり、治るまでの期間を短くしてくれるというポイントにも期待できます。
洗顔、パックなど、市販のハチミツを使って自分で行うことができるケアも多いのですが、市販のハチミツを使う場合には100%ハチミツのみのものを使うこと。
他の糖分が配合されているものは絶対に使わないようにしてください。

 

負担の少ないイオウでケアを・・・

 

殺菌効果だけ,効果薄い消毒液,ニキビ改善?

アクネ菌を殺菌する効果が高い成分の中でも比較的肌に与える刺激も少なくかつ効果が高いものの中にイオウがあります。

殺菌効果が非常に高いので、ニキビを改善したり予防したりする薬や化粧品に使われていることが多いのですが、外用薬として皮膚につけることで、皮膚を強くする効果も得られるため、アクネ菌を殺菌し、ニキビを改善したあとにニキビができづらい肌にすることもできます。

 

ただ、イオウがアクネ菌殺菌やニキビ改善に関して効果を発揮するのは実は外用薬ではないのです。
イオウは食品にも含まれていることがあるので、イオウが含まれている食品を摂取することで、体内からニキビを予防したり、アクネコントロールをすることが可能となります。
そもそもイオウ自体、本来体に非常に大切な成分であり、不足することで健康を害する恐れもあることから、ニキビができていなくても摂取が必要なものでもあるので、サプリメントも販売されています。
基本的にはシスチンと一緒に摂取することが基本となるわけですが、サプリメントでイオウを摂取することで、イオウ不足を解消し、ニキビを改善していくことができるようになります。

 

外用として使うのであれば、成分が強力な物を使う前にまずイオウから始めてみると良いでしょう。
皮膚に与える負担も少なく、効果も抜群なので、イオウを使ったケアはおすすめです。
化粧水だけではなくヘアケア用の商品でもイオウを配合しているものがあるので、頭皮にできてしまったニキビもイオウでケアして改善することが可能というのもありがたいところでしょう。

 

木酢液・竹酢液に強力な殺菌効果が!

 

殺菌効果だけ,効果薄い消毒液,ニキビ改善?

アクネ菌を殺菌するのに非常に適しているのが、竹酢液や木酢液です。

一般的な炭を焼いた時に出る蒸気を液体化させたものが木酢液ですが、竹の炭を使ったものが竹酢液と言われています。
このどちらにも、非常にに強い殺菌効果があり、この殺菌効果をはアクネ菌にも有効です。

 

刺激が強いというわけではありませんが、特筆すべきはそのニオイになるでしょう。
臭いと感じる人もいれば気にならない人もいるかと思いますが、基本的には強い燻製のようなニオイがします。
入浴用の竹酢液や木酢液というものがありますので、それを浴槽の湯に混ぜて使用するのですが、体にニオイが染み付いたようになるので注意が必要です。
ニオイに敏感な人ですと翌日も体からニオイがすると感じるようなので、気になる人は入浴用の木酢液・竹酢液を100円ショップなどで売っているスプレーボトルに入れ水で薄めてスプレーして使うようにすると良いでしょう。
これであれば、ニキビがきになる場所だけに使うことができるので全身にニオイが染み付いてしまうことを避けることができます。

 

ニキビができやすい場所は、“=アクネ菌が多く棲んでいる場所”なのでアクネコントロールの観点からそこに木酢液(竹酢液)スプレーを使用するのです。
そうすれば強力な殺菌作用によって、増えてしまったアクネ菌の量を減らすことが可能となります。
乾燥が原因でニキビができてしまう人は、木酢液や竹酢液を使用することによって肌の保湿ができるようにもなりますので、アクネ菌だけではなく皮脂の分泌量をコントロールすることも可能になります。

 

注意すべき点としては、園芸用などで売っているものを使わないこと。
あくまで入浴用に販売されているものを使うようにしましょう。