トップページ > 思春期ニキビはその時期しかできないこまめなケアで改善!

思春期ニキビはその時期しかできないこまめなケアで改善!

思春期ニキビ,こまめなケアで改善!

早い人だと小学生の4年生頃から始まる思春期ニキビ。

大体、高校生くらいまでの期間にできるニキビを思春期ニキビというわけですが、これは体の成長と共にホルモンのバランスが大きく乱れることが主な原因とされています。
ホルモンバランスが乱れて皮脂の過剰分泌になってしまい、主にTゾーンにニキビが多く発生してしまいます。
Tゾーン自体、そもそも皮脂の分泌が多い場所であり混合肌の人ですと他の部位は乾燥しているのにTゾーンだけ脂っぽいという人が多くなってしまうのです。
ただ、あくまで“できやすい”だけであり、顔中にできてしまうのも思春期ニキビの特徴ですから、どこにできてもしっかりケアしてあげることが重要となります。

 

とはいえ、この時期のホルモンバランスの乱れは生活習慣を整えたところでどうこうなるものではありません。
これにストレスが更なる原因となってのしかかってきたり、夜更かしして睡眠時間が少なくなったりすることなどもまたニキビが悪化する原因となります。

 

学校に通う時期でもあるので好きなときに自由にケアすることができないというのも悪化の原因になるのですが、救いとしては学生であればメイクをしている人の割合も少ないので、洗顔をしたり、拭き取り化粧水を使ったりすることもできるというメリットがあります。

 

休み時間ごとにこまめに肌を清潔にするケアを行い、余分になってしまった皮脂を除去することでニキビが悪化する原因そのものをケアすることでキレイに治していくことができるのです。
また、学生ならではのチャンスとして、汗をたくさんかくこと。
外で元気に遊び、体育時間などを使って本気で運動する、運動部に入部している人であれば余計にチャンスです。

 

合わない薬をずっと使っているよりも、汗をかけるときにかいたり、メイクをしていないときにこまめに皮膚をキレイにしたりすることのほうがずっと思春期ニキビを早く治すことができるわけです。

 

食生活を見直すことは非常に大切

 

思春期ニキビ,こまめなケアで改善!

ニキビを改善するにあたって、食生活の改善というのは非常に重要なポイントになります。

ただ、基本的には脂っぽい食事を避けることが重要とされており、野菜中心の食生活が好ましいといわれています。
ですが、実際にはそれだけではニキビの改善を成功させるには不十分であるといえるのです。
脂っぽい食品を避けるとなると、どうしても肉類は食べないようにしようと考えてしまう人が多くなります。
ですが、実際には肉を断ってしまうのはあまり良いことではありません。
脂っぽい=肉という考え方は良くないのです。
というのも、ニキビを改善する食品の中には手羽先も含まれているのです。
手羽先には、コラーゲンが豊富に含まれて居ますから、肌に潤いを与えた際に、その潤いを閉じ込めて肌の中に保管してくれる効果を手羽先を食べることで得られるということになります。
野菜中心で水分を失ってしまうわけではありませんが、水分を肌に閉じ込めることができる成分は、こういった動物性の食品からでないとたくさんとることはできないので、結果的に肌を乾燥させてしまうこともあるのです。

 

納豆などの大豆を使った食品にはビタミンB2が含まれており、これは抗酸化作用が非常に高いため肌の生まれ変わりを促進してくれる効果があったり、同じくビタミンが豊富な野菜や果物などをとることで肌を健康的な状態に持っていきニキビを改善することができるという効果を得る事が可能となるのです。

 

食生活は体内から栄養素を摂取し、それが体内で働き内部から肌に働きかけていくという仕組みの中でも1番効果があるものです。
食べることは日常的に行われることですから、その日常的な習慣を改善することで、ニキビも素早く治してしまうことができるようになるのです。

 

大人ニキビを改善するポイントは乾燥・水分・保湿!

 

乾燥が原因で発生してしまうことの多い大人ニキビ。
改善するためには、肌に潤いを与えることがとにかく大切であると言えます。
乾燥した肌に対して体が皮膚を守るために皮脂を多めに分泌させてしまいますので、皮脂が過剰な状態になり、その結果アクネ菌のエサが増えてしまいアクネ菌増殖のキッカケとなり、その増えすぎたアクネ菌がニキビを作り出してしまうのです。

 

こればかりは、肌の乾燥を防ぐしかないというのが本音なので、大人ニキビを改善するためにはまず乾燥した状態の肌に十分に水分を与え、保湿をすることが1番でそれ以外に改善方法はないとも言えます。

 

薬を使えばある程度改善されることもありますが、それは今できてしまっているニキビだけにいえることであり、肌環境が変わらない限りは何度も再発してしまうのです。

 

とはいえ、大人ニキビの原因がいくら共通の理由だったとしてもその人の肌質が非常に重要なポイントとなり、乾燥を防ぐという目的を持っていたとしても肌質に合わせて治療をしていかなけれなならないという非常に難しい点もあります。

 

基本的には水分不足が原因となっているのですが、とはいえオイリー肌でも肌が乾燥してしまうことは十分にありえます。
その人が脂っぽい化粧水などを使ってしまうと、水分より先にその油分がニキビ発生の原因として肌に悪影響を与えてしまいますので、まずは肌に合っている化粧品や化粧水を使うことから始まるのです。

 

乾燥を防いで、乾燥しない肌を保ってあげることで、ニキビを改善できたり、ニキビが再発しないような肌環境を作ってあげないといけません。

 

分岐点は化粧品の選び方!

 

ニキビを改善するためには、化粧水などのアイテムで治すか、もしくは薬などを使用するか、そして化粧品を使用するのかといういくつかの選択肢があります。
メイクしながらニキビ治療を行うことができるという化粧品も最近ではあまり珍しいことではなくなりましたが、まだこういった商品に不安を抱えている人は少なくないでしょう。
本当に効果があるの?大丈夫なの?と感じてしまうのも無理はないことですが、実際には効果はないとは言いませんが、薬や化粧水などを使うのと比較すれば効果は低く、極端な言い方をしてしまうと気休め程度の効果しか得られない商品も少なくありません。

 

ということは、やはり化粧水や、薬などで改善していくことが1番効果的な方法であるということになりますが、化粧水の場合であればその成分や使い心地がきちんと肌に合っているのかどうかということを確認しなければなりません。
オイリー肌であればサッパリした使い心地のもの、乾燥肌であれば潤いを与えてくれるしっとりタイプのものを使うようにしないと、肌の状態が悪化してしまったり、ニキビが全く改善されないなどの問題が起こってしまうようになるので、ここはきっちり商品を見極めることです。

 

薬に関しても、思春期ニキビと大人ニキビで治療し再発を防ぐための根本的な治療法が違いますので、治したいのがどのニキビの種類なのかということを把握して薬選びをしなければなりません。

 

選び方を間違えることでニキビが悪化することもあれば、自分の肌に合っているものを選ぶことができたということで素早く改善できることもあり、肌に使うものを選ぶときのその選び方は丁寧に行う必要があることが分かるでしょう。
選び方がよければあっという間にニキビが治ることだって難しくないのです。